インストラクター練習について




インストラクター練習について

こんにちは。吹奏楽団3年小林です!
吹奏楽団のTwitterでは沢山の質問ありがとうございます。

Twitterの質問箱で「初心者でも大丈夫ですか?」という質問を多くいただいたので、そんな皆さんに向けて、今回は“インストラクター練習”をテーマにブログを書いていきます!!

そもそも“インストラクター練習”とは・・・
下級生が同じパートの上級生と1対1で行う練習のことです。
入部後、パートが決まり次第始まります。

頻度:週に1コマ程度(ペアの上級生と話し合い、大体は空きコマに行います!)
内容:基礎練習・応援歌応援曲の練習・応援歌応援曲の試験
※初心者は基礎をある程度固めてから、応援歌応援曲の練習に入ります。
※このインストラクター練習で合格した応援歌応援曲は、野球応援で演奏することが出来ます!!
期間:全ての応援歌応援曲に合格するまで

ざっくり纏めるとこんな感じです!
実は、私もトランペットは大学から始めたので、このインストラクター練習には本当に助けられました。

ペアの上級生には、ブレストレーニング、楽器の手入れの仕方、楽器の構え方等、基礎の基礎から教えてもらったり、全体の合奏で不安な部分をインストラクター練習で見てもらったりもしました。

今回は、現在インストラクター練習を行っている、飯田・京極ペアを取材してきました!

写真左:吹奏楽団新3年飯田・ユーフォニアム歴8年。
ほんわかした優しいお母さんの様な存在です!
写真右:吹奏楽団新2年京極・ユーフォニアム歴1年、クラリネット歴7年。
演奏時はクラリネット、応援時はユーフォニアム、ドリル時はカラーガードと、様々なことに果敢に挑戦していく、3刀流プレーヤーです!

2人へのインタビューの内容をお楽しみください↓↓

Q1.2人にとって、インストラクター練習とはどんな存在ですか??
京極:経験者の上級生の方と1対1で楽器を練習することの出来る、とても貴重な時間です。
一人では分からないことも丁寧に教えてくださいます。
間に挟む雑談も楽しいです(笑)

飯田:後継者を育てるための大事な練習であると共に、一から丁寧に説明しているうちに
自分自身も意識したことがなかったようなコツを発見したりして、
自分が学ばされていることも多いです。
でも、なにより可愛い下級生とのコミュニケーションの場です!!(笑)

Q2.京極にとって飯田はどんな存在ですか??
京極:楽器のことだけでなく、何でも相談することが出来る大好きな上級生です!!

Q3.飯田にとって京極はどんな存在ですか??
飯田:いい意味で貪欲に、いろいろなことを学ぼうとする姿勢がすごい。
自分も頑張ろうって思わせてくれる最高の下級生です。

Q4.インストラクター練習の一番の思い出は何ですか??
京極:毎回楽しいですが、特に、早稲田大学応援歌が吹ける様になったことは
大変嬉しかったです。

飯田:毎回毎回、目に見えて出せる音が増えたり、吹ける曲が増えたりするので、
そのたびに感動します。私自身は、こんなに急成長したことないと思う(笑)

Q5.今回は初心者の新入生に焦点を宛てています!
初心者で入部を考えている新入生に一言お願いします。
京極:私も初心者で入部したけれど、とっても楽しいです♪優しい上級生に丁寧に
教えてもらえるので、初心者でも上達しやすい環境だと思います。
一緒に明治神宮野球場で演奏しよう!

飯田:吹奏楽を始めるのに早いも遅いもありません!一緒に音楽の楽しさを味わおう♪
みんなの入部待ってまーす(^▽^)/

(完)

いかがでしたか??
今回の紹介で少しでも、楽器初心者の皆さんの不安がやわらいでいたら嬉しいです!!

経験者の方も勿論ですが、初心者の方も心配せず、飛び込んできてください!!

皆さんの入部を、部員一同お待ちしています!!

吹奏楽団Twitterはこちら!→@wuccband