吹奏楽団

私達は応援部の一員としてリーダー・チアリーダーズと共に活動している他、
通常演奏・吹奏楽コンクール参加・各種パレード・ステージドリル等、
吹奏楽団として様々な活動を行っています。
ここでは多岐に渡る吹奏楽団の活動内容と、楽団を構成するメンバーを紹介します。

令和六年度吹奏楽団目標

魂の旋律

「魂を込める 」とはよく言うが、一体何だろうか。
それは身を入れ、一心に取り組む姿勢の事である。

その為に先ず、音に拘り、妥協しない事。

早稲田大学応援部吹奏楽団が取り組む全ての活動の根底には、音楽がある。
全員が音に対して真剣に向き合い、常に追求し続けなければならない。
決して現状の技量に満足せず、鍛錬を積み重ね る。
そうして初めて自身の魂が音に乗る。

選手に応援を届ける時、観客の心に響かせたい時、
届けたいという真っ直ぐな気持ちを全員で音にする。
部員新人全員で、心を、魂をひとつに纏める。

どんな時でも諦めず、泥臭く、追求し続ける事。
音楽で人に想いを届ける早稲田大学応援部吹奏楽団だからこそ、
何よりもその姿勢を忘れてはならない。
「応吹魂」を確立させる。

抱える想いが、伝えたい人の心に届く様、
音にも、人にも、誠実に向き合う姿勢を忘れない。
応援部として、音楽団体として、想いと努力を常に最大限にする必要がある 。
どちらかが欠けてはならない。

それぞれの努力、感情、煌めきと、
全員の応吹魂で、
魂の旋律を届けよう。

←応援部TOP