吹奏楽団

令和2年度吹奏楽団目標

届ける

早稲田大学応援部に所属する吹奏楽団だからこそ出来る事は何か。
それは「想い」を演奏に乗せる事である。

しかし、「乗せる」だけで良いのか。
それは自己本位ではないか。

他人を応援する団体が自己本位ではいけない。
相手を意識し「想い」を届けなければならない。

リーダーやチアリーダーズとは違い、
音楽を武器に人を応援する吹奏楽団だからこそ、
相手に届く「音」に拘りを持たなければいけない。

そして、吹奏楽団としての本分は演奏である。

規則やルールが伝統なのではない。
早稲田大学の体育各部の選手を勇気付ける
音楽を奏で、届ける事が伝統なのだ。

選手に届く音、
選手を後押しする音、
観客の方々を感動させる音を、

届ける

←TOP