副将挨拶

この度は早稲田大学応援部リーダーのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

本年度副将を務めます、清水泰貴と申します。

この場をお借りし、日頃から私共を支えてくださる方々、早稲田スポーツを共に応援してくださる方々、共に闘う体育各部関係者に御礼申し上げます。

新体制発足から3ヶ月間、リーダー執行委員10名、リーダー3年生6名、リーダー2年生7名の総勢23名で『優勝』を見据えて活動してきました。春季合宿では山中湖に出向き、8日間を練習に捧げました。練習の中で、23名が各々の色を活かし、個々のスタイルで全力を示すということを重視しました。春のシーズンが開幕し、皆様と共に応援をする中でこの成果をお見せできればと思っております。

春を迎え早稲田には多くの新入生がやってきました。生まれて初めて“早稲田”に触れる新入生に早稲田らしさを感じとってもらうのも我々の役割です。新勧期間、早稲田スポーツ応援を通して多くの新入生を巻き込んで参ります。また、その中に応援部の入部を検討してくれる学生も居ると思います。志を持ってくれた1人1人と向き合い、後悔のない選択ができるように後押しして参りますので是非宜しくお願いします。

我々、早稲田大学応援部リーダーは“応援”を追求し続けます。“応援”に答えはありませんが、その行為が人の心を打ち、人と人を繋ぐものであるべきであると考えています。

応援は単なる根性論で語ることはできません。
応援をリードし人の心を躍らせるには、その状況に応じた振る舞いをする技量、あらゆる事象に向き合うことができる体力が必要です。
最後は氣持ちで勝負するためにも、身体を鍛錬し、技量を磨き続けます。

我々は、早稲田大学体育各部の一員であるということに誇りを持ち、体育各部と共に闘って参ります。
是非、我々と共に応援していただけると幸いです。今後とも、早稲田大学応援部、早稲田スポーツを宜しくお願い申し上げます。

平成三十一年 四月吉日