先週末の活動について(10月19日~21日)




今週末の活動結果を報告させていただきます(^_^)

準硬式野球部が30年振り3連覇を賭けた大一番!

野球では立教大学との激戦が白熱!

第3戦までもつれた白熱の3日間でした(*^_^*)

 

まずは10月19日(土)!

【野球vs立教①】

@明治神宮野球場

早稲田2-5立教

残りのリーグ戦の日程を考えると、一敗も出来ない中で迎えた立教大学との初戦、試合は初回から動きました。

立教大学がチャンスを作ると応援席もダイナマイトマーチで盛り上げましたが2本のタイムリーヒットで3点を先制。

初回から3点ビハインドとなりましたが、2回に相手のミスから1点、5回にも小藤選手のホームランが飛び出し、1点差に追い上げました!ここから逆転と応援席も盛り上がりました!

しかし、8回に追加点を奪われ、リードを広げられ2-5の敗戦となりました。

立教大学エース田中投手が最後まで早大打線の前に立ちはだかり、その厚い壁を突破することが出来ませんでした(T_T)

4年生と過ごせる最後のシーズン、可能性が有る限り全力で応援して参りましょう!

【早稲田大学ボクシング部創部90周年記念早明戦】

@早稲田大学17号館ボクシング場

早稲田1-5明治

ボクシング部90周年記念として、30年ぶりに開催されて早明ボクシング

試合序盤から熱い試合が繰り広げられました!
6名の選手の力強いパンチに、圧倒されました

結果は明治大学に敗れてしまいましたが、三輪選手は賞を獲得する等、盛り上がった試合となりました

12月8日(日)には早慶ボクシング@早稲田大学17号館ボクシング場が開催されます

次の試合も、全力の応援を届けて参りましょう

 

【2019年度秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦対中央大学戦】

@日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

3ー0で勝利
(25ー19.25-19.25-23)

未だ負け無しの絶対王者早稲田序盤から良いペースで点数を勝ち取り、順調に第1・第2セットを獲得することができました
続く第3セットでは追い越される場面もありましたが、接戦の末早稲田が最後点数を決めました

10月26日(日)にはついに最終戦となる東海大学戦が行われます完全優勝を目指して、今後も大きなご声援宜しくお願いします!!!

 

【準硬式野球vs法政】

@太田スタジアム

先制点は法政。初回味方の失策等でピンチを背負うと4番の一振りで先制を許します。

しかし、ここで勝ち切るのが今年の早稲田です!

4回に鈴木選手のタイムリースリーベースで同点とし、5回、7回には関選手のタイムリーで逆転(^_^)

先発した清水投手は7回1失点の好投!
後を受けた前田選手、そして最後は守護神杉山投手が法政打線を圧倒し、30年振りの3連覇に王手を掛けました!

 

続いて10月20日(日)!

【野球vs立教②】

@明治神宮野球場

早稲田5ー2立教

前日立教大学に敗北してしまった為、なんとしてでも勝ちたい一戦。

立教大学先発手塚投手の前に抑えられた早大打線。

試合が動いたのは7回でした!!

7回で金子選手のタイムリーツーベースで1点追加の後、続いて徳山選手のタイムリーヒットで2点先制します。

しかし、そのあと7回と8回で同点に追いつかれ、延長まで持ち越します。

好打者の揃う立教打線を2失点に抑えた徳山投手は最後まで150キロに迫る速球を披露(^_^)

均衡が破れたのは最終回の12回表!

満塁として、打席にはこの日スタメンに抜擢された岩本選手。

岩本選手のバットが一閃。打球は右中間へ。

早大ナインの想いを乗せた打球は右中間を真っ二つに割るタイムリースリーベース!

これが決勝点となりました(^_^)

前日の負けのリベンジを果たす事が出来た試合となりました!!!

 

【準硬式野球VS法政②】

@東伏見キャンパス軟式野球場
早稲田2ー3法政

3回表の渡部選手とスクイズで先制点を決め、幸先の良いスタートを切りました!
4回表にも吉田選手がスクイズで1点を取り、更に点差を広げます。
しかし、失策が絡み2点を巻き返され、その後もチャンスを活かす事が出来ず、勝ち越されてしまいました。

翌日の3回戦にて優勝を果たした準硬式野球部を今後も応援して参りましょう!!

 

最後に、10月21日(月)の応援です。

最後まで早大打線の前に立ちはだかったのは、立教大学の誇る左のエース・田中選手でした。

【野球vs立教③】

@明治神宮野球場

早稲田0-4立教

本年度最後の通常リーグ戦という事で、何とか勝利を掴み取りたい早稲田大学でしたが、2回、3回、4回と連続で得点されてしまいました。

8回には痛恨の牽制の失策からピンチが広がり、痛い失点をしてしまいました(T_T)

負けられない早稲田は打者1巡目で先発の西垣投手に代打を送るなど勝負を賭けましたが、立教大学のエース・田中投手の投球術はその上を行きました。散髪3安打に抑えられてしまい、完封負けを喫しました…(T_T)

 

しかし、金子選手が本日も安打を放つなど好調を示し、打率も3割越えをキープ!

2年生の森田投手もリーグ戦初登板を果たし、見事3者凡退に抑えました!

早慶戦に向けて好調をキープする選手も沢山おります。

我々早稲田大学応援部は、最後の試合を迎える早大ナインを全力で応援するのみです☆

次戦は11月2・3日(土・日)のvs慶應義塾大学戦になります!

未だ負けな91年ぶりの完全優勝を目指す、慶應義塾大学の勢いを食い止めましょう
絶対に絶対に負けられない早慶戦、皆様のご来場をお待ちしております!