吹奏楽団責任者挨拶

早稲田大学応援部吹奏楽団のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
平成三十一年度早稲田大学応援部吹奏楽団責任者を務めます、春山尚輝と申します。

吹奏楽団を代表してご挨拶申し上げます。
早稲田大学応援部の吹奏楽団の魅力はなんと言っても、応援、演奏、ドリルの3つを一度に体験できる点だと思います。

「華の早慶戦で満員の神宮球場で演奏し、選手を鼓舞する景色」
「コンクールや定期演奏会で吹奏楽の醍醐味を存分に味わった事」
「楽器の演奏や隊形、華やかな旗の数々で観客を魅了した事」

これらは全て、部員たちの一生忘れられない体験になっています。

また、これらを体験する中で、一生ものの仲間に出会う事もできます。
応援部という団体は厳しいと言ったマイナスのイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかしそれは、真剣に物事に打ち込んでいるからこそのものであり、それによって生まれる信頼や絆は他の団体では絶対に得られないと思います。

自分は大学に入るまで、楽器の経験はもちろん、部活に入った事もありませんでした。

その為、不安も多くありましたが、専用の練習場や部で貸し出してもらえる楽器など、素晴らしい環境と、温かい先輩や同期に恵まれ、ここまで続けてくる事ができたと思っています。

現在、早稲田大学応援部吹奏楽団は、三月に春季合宿を終え、四月から入ってくる新入生と共に応援できる事、ここでしか味わえない喜びを分かち合える仲間が増える事を、部員一同楽しみにしています。

これからも早稲田大学応援部吹奏楽団を宜しくお願い申し上げます。

平成三十一年 四月吉日