吹奏楽団責任者挨拶

 

早稲田大学応援部吹奏楽団のホームページにお越し頂きありがとうございます。
本年度、吹奏楽団責任者を務めます若松佑と申します。

先日の早慶戦をもってとうとう春のリーグ戦も終わり、早稲田大学は明治大学と同率3位という結果となりました。しかし、早慶戦にて慶應義塾大学の完全優勝を阻止し、勝ち点を取った喜びは我々にとって何にも代え難いものです。新人にとっても今後の応援部生活の糧になる貴重な経験になったかと思います。秋のリーグ戦に向けて野球部がまた練習に励むのと同じように、我々応援部吹奏楽団も秋のリーグ戦での優勝を後押しすべく今後の活動に励んでまいります。

また、吹奏楽団にとって夏はコンクールの季節でもあります。応援での演奏とコンクールでの演奏は違うものですが、基礎の部分は変わりないと考えています。応援活動にとどまらず、コンクールに出場していることも我々の強みです。そのような中で、コンクールに出たということだけにならぬよう、しっかり個人個人が目標を立て、コンクールでのその目標達成のために、応援活動で得たことを生かしつつ、応援活動での演奏とはまた一味違った演奏技術を磨こうと部員新人一同、日々練習に取り組んでいます。

昨今、大学での運動部のあり方がよく話題に上がりますが、応援部も同様だと考えています。ともすれば、応援部にはマイナスなイメージがまとわりつき、世間から厳しい目で見られかねない団体です。だからこそ、社会的に反する行為がないよう、部員新人一人一人が気を引き締め、早稲田大学応援部の一員という自覚を持ち、社会の潮流に合わせて組織を変革しつつ活動していきます。今後も早稲田大学応援部吹奏楽団を何卒宜しくお願い申し上げます。

平成三十年 六月吉日