代表委員主将挨拶

代表委員主将 宮川隼

早稲田大学応援部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
令和二年度早稲田大学応援部代表委員主将を務めます、宮川隼と申します。
部を代表してご挨拶申し上げます。
早稲田大学応援部はリーダー、吹奏楽団、チアリーダーズの3パートで構成され、早稲田スポーツをはじめとし、様々な方に活力と感動を与えることを目指し、日々練習や活動に取り組んでおります。
応援部・応援団というと世間一般からは、厳しい上下関係、規則などマイナスなイメージを持たれている方も少なくないかもしれません。
しかし、一見その様に見られてしまうものも1つ1つに意味があり、時代の変化に合わせ、変えるべきものと、変えるべきでないものの取捨選択をし、より良い団体にするべく、日々の活動に取り組んでおります。
更には、一見厳しい上下関係の中でも、部員同士が学年を超えて、信頼をし合い活動をしているからこそ、長い歴史と伝統を持ち、早稲田大学の代表として、活動をさせていただいている、模範学生の集まりであると自負しております。
私共は早稲田大学の体育各部の内の一団体として、誇りを胸に活動に取り組んでいるものの、通常のスポーツとは異なり、結果が数字などで明確に表せる訳ではない為、非常に抽象的なものを追い求めるという団体です。
人から言わせてみれば、自己満足の活動を行っているに過ぎないと評価されてしまうかもしれません。
しかし、この「応援」という極めて利他的な活動を、学生が情熱と知性をモットーに汗を流し、爽やかに、時には泥臭く行っていることが、人の心の琴線に触れ、活力を与えるものだと信じ、日々様々な活動に取り組んでおります。
先日、代交代をし、私共令和二年度早稲田大学応援部は新たなスタートを切りました。
本年度は早稲田大学応援部創部八十周年、東京六大学応援団連盟当番校、東京オリンピックなど、様々な華やかな行事が行われるメモリアルイヤーだと言われております。
しかし、その様な年であるからこそ、1つ1つの活動に誠心誠意、心を込めて全力で、更には様々な方への感謝の気持ちを忘れずに、地に足をつけて取り組んで参る所存でございます。
私共を支えてくださる方々、いつも応援席にお越しくださる皆様に、心より感謝申し上げます。
これからも早稲田大学応援部を何卒宜しくお願い申し上げます。
令和二年元旦