コンプライアンスへの取り組み

応援部綱領

一、早稲田大学応援部は、早稲田大学を限りなく愛し、知性と情熱と行動力をモットーとする
早稲田大学を代表する模範学生の集まりである。
一、早稲田大学応援部は、早稲田大学の歴史と伝統を正しく理解し、
早稲田大学の充実・発展のために献身せんとする模範学生の集まりである。
一、早稲田大学応援部は、早稲田大学の栄光ある勝利を確信し、
早稲田大学を代表するチーム並びに選手を応援激励する模範学生の集まりである。
一、早稲田大学応援部は、個人の人格及び人間性を尊重し、心身の鍛練並びに音楽性の
追求を通じて、広く実社会の指導者たらんと研鑽を積む模範学生の集まりである。

早稲田大学応援部綱領は、昭和49年に依田米秋監督(当時)によって作成されたものである。早稲田大学応援部は、戦前早稲田大学に応援組織が乱立しては互いに対立し、大学の秩序を乱していたという歴史に学び、「模範学生たれ」という精神を創部以来貫き通している。この綱領はその精神を具現化したものであり、現在に至るまで脈々と受け継がれているのである。

※平成25(2013)年9月16日最終更新
(依田米秋氏を助監督と表記しておりましたが、正しくは綱領制定時監督に就かれていました。お詫びして訂正します。)

 

暴力の絶対禁止について

image1

飲酒問題について

image2