代表委員主将挨拶

代表委員主将 齋藤 巽

弊部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
令和四年度代表委員主将を務めます。齋藤巽と申します。
我々早稲田大学応援部は、選手を後押しする「応援」を追求している団体でございます。早稲田スポーツの勝利の為に、リーダー、吹奏楽団、チアリーダーズの3パートで、日々研鑽を積んでおります。
応援は必ずしも競技に必要なものではございません。しかしながら、選手を勝利に導きたいという1名1名の感情の爆発は、共鳴し合い、うねりを呼んで選手に届くと信じております。
我々はこの2年間、新型コロナウイルスによる制限に苦しみながらも精一杯応援活動を行って参りました。その過程で形を変えたものもございましたが、「如何にすれば選手に想いは届くのか」という根本的な問いに挑戦する事が出来ました。
本年度は、ここ迄引き継いで下さった先代の方々の想いと、応援が変わる過程で得たものを大切にしながら、我々が行っている「応援」の「本来の形」を考え直し、進化させる年にしたいと考えております。部員全員で応援の「原点」に挑み、頂点を掴み取ります。その為にも部員一同、より一層大きな志を抱き、日々の活動に励んで参ります。
早稲田大学の学生、共に早稲田大学を応援して下さる方々、弊部を支えて下さる方々、全ての方々の想いを大切にして、早稲田大学応援部は新たな一歩を踏み出します。
本年度も早稲田大学応援部を何卒宜しくお願い致します。

令和四年一月